多様な子育てニーズヘの対応、患者に寄り添った医療・介護、住み続けたいまちづくりを実現します。 しかし財源・資源・人財は限られています。 税金の無駄づかいをなくし、行政の最遭で健全な経営へ向けての施策立案、行政へのチェック機能の役割を果たすことは一議員として当たり前の責務です。
.

[加藤たくまの政策:3つの基本方針]

1.イノベーションによる諸課題の解決!

国家戦略特別区域制度の活用でイノベーションを巻き起こします。 この制度は国の法律の緩和・変更できる強力な法律です。 規制緩和を進め、常識にとらわれない新たな技術革新を促します。
アイディアによるゼロ円政策推進/ドローン・AI等による新産業革命

2.科学的知見に基づいた政策判断!

感覚ではなく、科学的根拠を持った正論で政策を語るべきです。 原発事故による放射線量、築地・豊洲の土壌・地下水の環境基準しかり、ともすれば世論はゼロリスクを求めがちですが予算度外視となります。科学技術をもって、さらに適切な判断基準を作ります。
予防医療の推進による医療費の削減/ノスタルジー抜きの合理的な判断

3.若者が協同するワクワクする社会の創造!

地域に眠る若者を中心とした人的資源の発掘を行い、地域力を向上させます。若者が集まり、語り合える仕組みを作り、地元の仲間の絆をより深めていきます。 そして地域の次の担い手となり、持続可能な地域活動・自治体としての骨格作りのさらなる推進をいたします。
若者人財の発掘による地域力向上/家族が安心するコミュニティ—構築

.

[区政を支える4つの柱]

区政運営は企業と同じで『ヒト』『モノ』『カネ』『情報』の4つの柱が重要です。 運営を間違えれば、夕張市のように自治体といえども破綻します。 それぞれの柱をビルドアップ、ブラッシュアップすることで持続可能な区政運営が可能となります。

– ヒト –

 中野区役所内の働き方改革  
区職員のやる気が上がる職場環境づくりの推進‼
〇人事評価システムの改善
〇副業の推奨
〇ダイバーシティマネジメント(多様な価値観)
 若者参画による地域力の向上  
区政運営は町会・自治会なしに成立しません。地域力向上のため、若い力・担い手の育成・発掘をします。
〇郷土愛を育む教育
〇地域デビューの入口の創出

– モノ –

 強靭なまちづくり 
地震、台風が常襲する日本において、形あるものの維持は非常に困難です。有事に対応できる整備が必要です。
〇新・区役所の整備
〇小中学校等再編・改修
〇ノスタルジーの成仏の提唱
 楽しめる公共施設整備  
多様なニーズに対応した楽しい施設整備を目指します。
〇新・中野サンプラザ
〇スポーツ・ BBQ・ドッグラン等ニーズに対応する公園
〇区内施設Wi-Fi環境

– カネ –

 中長期的な財政運営 
少子化による歳入の減少、高齢化による歳出(社会保障費)の増加に対する備えがさらに必要です。
〇財政基盤の構築
〇予防医療推進による医療費削減
 直近の財政課題への対応 
今、直面している問題への対策が必要です。
〇ふるさと納税制度反対
〇民間活力を活かした区政運営・施設改修

– 情報 –

 情報分析・AIによる施策の合理化 
区には多種のアンケート調査があり、そのデータを分析することで施策の合理化を図ります。
〇官民データ推進活用法
〇AI・IoT の導入推進
 ICTを活用した安全・安心まちづくり 
イノベーションを創造しながら、区民の安全安心に資する技術開発・導入を推進いたします。
〇災害予報情報の拡充
〇イノベーションを創造できる環境づくり

 

詳細は政策ページをご覧下さい。