政策


多様な子育てニーズヘの対応、患者に寄り添った医療・介護、住み続けたいまちづくりを実現します。
しかし財源・資源・人財は限られています。
税金の無駄づかいをなくし、行政の最遭で健全な経営へ向けての施策立案、行政へのチェック機能の役割を果たすことは一議員として当たり前の責務です。

.

[加藤たくまの3つの基本方針]

1.イノベーションによる諸課題の解決!

国家戦略特別区域制度の活用でイノベーションを巻き起こします。
この制度は国の法律の緩和・変更できる強力な法律です。
規制緩和を進め、常識にとらわれない新たな技術革新を促します。
アイディアによるゼロ円政策推進/ドローン・AI等による新産業革命

2.科学的知見に基づいた政策判断!

感覚ではなく、科学的根拠を持った正論で政策を語るべきです。 原発事故による放射線量、築地・豊洲の土壌・地下水の環境基準しかり、ともすれば世論はゼロリスクを求めがちですが予算度外視となります。科学技術をもって、さらに適切な判断基準を作ります。
予防医療の推進による医療費の削減/ノスタルジー抜きの合理的な判断

3.若者が協同するワクワクする社会の創造!

地域に眠る若者を中心とした人的資源の発掘を行い、地域力を向上させます。若者が集まり、語り合える仕組みを作り、地元の仲間の絆をより深めていきます。
そして地域の次の担い手となり、持続可能な地域活動・自治体としての骨格作りのさらなる推進をいたします。
若者人財の発掘による地域力向上/家族が安心するコミュニティ—構築

.

[区政を支える4つの柱]

区政運営は企業と同じで『ヒト』『モノ』『カネ』『情報』の4つの柱が重要です。 運営を間違えれば、夕張市のように自治体といえども破綻します。
それぞれの柱をビルドアップ、ブラッシュアップすることで持続可能な区政運営が可能となります。

– ヒト –

 中野区役所内の働き方改革 

区職員のやる気が上がる職場環境づくりの推進‼

〇人事評価システムの改善

公務員の仕事はミスが許されません。ミスを減らすために、新たな挑戦をしない職員ばかりとなります。チャレンジした職員が評価されるシステムに!

〇副業の推奨

区で働き始めると役所内の論理が自分の価値観のすべてになります。新たな発想を得るため、ボランティア・NPOなどの積極的な参加を推奨します!

〇ダイバーシティマネジメント(多様な価値観)

一家団欒でテレビを見ていた時代から、各個人がスマホで情報を得るようになり、価値観は多様化しました。もはや価値観を一つにはできませんが、目標を一つにすることは可能です。誰もがイキイキできる社会に!
http://agora-web.jp/archives/2036137.html

 

 若者参画による地域力の向上 

区政運営は町会・自治会なしに成立しません。地域力向上のため、若い力・担い手の育成・発掘をします。

〇郷土愛を育む教育

中野の素晴らしい歴史(日本初の公園、花見文化発祥の地、日本初の電車の始発駅など)を小中学生に学んでもらい、郷土愛を育みます。歴史民俗資料館のリニューアルの提言をしました。中野が好きだ、となるように!
http://agora-web.jp/archives/2036777.html

〇地域デビューの入口の創出

中野区は年間人口の10%が入れ替ります。区への転入者が地域デビューしたくなる、その入口を創ります。電子掲示板であるマチマチの導入(実績)、地域の飲食店から始まる好循環なコミュニティーづくりを進めます!

.

– モノ –

 強靭なまちづくり 

地震、台風が常襲する日本において、形あるものの維持は非常に困難です。有事に対応できる整備が必要です。

〇新・区役所の整備

現在の区役所庁舎は大地震に対して既存不適格であり、早急な整備が必要です。新庁舎は、土地の広さ様々な制限がありますが議論を重ね、後悔ない整備を進めます!

〇小中学校等再編・改修

子どもたちの教育環境、有事の際の拠点として、地域の声を受けた整備を行います。

〇ノスタルジーの成仏の提唱

中野サンプラザ解体、桜を代表とする既存樹木の伐採は住民の関心事であります。放置することは行政の不作為となります。例えば、樹木においては樹齢などの情報整理し(実績)、事前に伐採することを周知することが重要です。(http://agora-web.jp/archives/2035608.html

 

 楽しめる公共施設整備 

多様なニーズに対応した楽しい施設整備を目指します。

〇新・中野サンプラザ

再整備が決定した中野サンプラザはランドマークとしての存在だけではなく、区民が利用する施設に!
http://agora-web.jp/archives/2034688.html

〇スポーツ・ BBQ・ドッグラン等ニーズに対応する公園

公園を事業者が管理することで、様々な目的で利用できるようにし、また行きたいと思える公園に、そして管理費を稼ぐ公園に。

〇区内施設Wi-Fi環境

現在、駅周辺を中心に設置が進んでいるWi-Fiを区内施設内においても利用ができるように。

.

– カネ –

 中長期的な財政運営 

少子化による歳入の減少、高齢化による歳出(社会保障費)の増加に対する備えがさらに必要です。

〇財政基盤の構築

地方自治体の財政において、中長期的な予測がされた例はないため、日本初のオープンデータを活用した自治体財政のマクロの将来推計手法を提案し、議会で議論(実績)を重ねてまいりました。
http://agora-web.jp/archives/2035034.html

〇予防医療推進による医療費削減

大阪警察病院は、歯科医療および口腔機能管理の充実による医療費削減が期待できるとの研究結果を報告しております。「口の健康が体全体の健康」を合言葉にこれを推進します。またスポーツにおいても野球ひじ健診開催する(実績)など予防医療に力を注ぎます。

 

 直近の財政課題への対応 

今、直面している問題への対策が必要です。

〇ふるさと納税制度反対

 東京都のすべての自治体でマイナス効果をもたらす「ふるさと納税制度」に断固反対です。目黒区のタレントグッズが返礼品になる事例から、中野区が誇るアニメとの連携を図り、制度に対して抗います。

〇民間活力を活かした区政運営・施設改修

 民間ノウハウを導入し、行政サービスの低下をさせずに、財政の歳出を抑制します。

.

– 情報 –

 情報分析・AIによる施策の合理化 

区には多種のアンケート調査があり、そのデータを分析することで施策の合理化を図ります。

〇官民データ推進活用法

国の法律では個人情報保護の下、データ分析を推進してます。子育て、医療、福祉、介護など様々なデータを分析し、施設の妥当な配置、定員数、質などを根拠をもって、政策として推進いたします。

〇AI・IoT の導入推進

自動改札機の登場は人から仕事を奪ったわけではなく、人を地獄のような作業から解放しました。機械ができる仕事はできるだけ移行を推進します。まずは防犯カメラのネットワークによる安全性の向上を図ります。

 

 ICTを活用した安全・安心まちづくり 

イノベーションを創造しながら、区民の安全安心に資する技術開発・導入を推進いたします。

〇災害予報情報の拡充

ソフト対策として、災害予報情報が得られる環境を創造し、避難を誘導します。そのための前段の試みは地域の皆様のご協力があり、マニュフェスト大賞政策推進賞ノミネートとなりました。
http://agora-web.jp/archives/2035624.html

〇イノベーションを創造できる環境づくり

国家戦略特区に申請し、様々な技術革新ができる土壌を作り出し、ワクワクする中野にいたします。ドローン、人流センサーなど中野で生まれそうな技術があります。

 

[自民党の実績]

■防犯カメラ交差点(23区初)への設置および維持管理費負担軽減
■大規模公園・施設の整備
(本二東郷やすらぎ公園・平和の森公園多目的
広場・南台いちょう公園・本五ふれあい公園・南部すこやか福祉センタ
ー・四季の森公園イベント広場・新体育館)
■運動施設使用料半額化
■全区有街路灯のLED化
■無電柱化推進方針策定
■中野駅周辺再整備推進
■待機児童対策・子育て支援・幼児教育の拡充
■町会・自治会の助成拡大
■プレミアム商品券の発行
■不妊治療への助成・健康計画策定
■西武新宿線連続立体交差事業
■区内キャンプサイト整備
■弥生町・大和町・平和の森公園地区防災まちづくり
■ユニバーサルデザインのさらなる推進

 

[加藤たくまの実績]

■世界初のゲリラ豪雨対応浸水予測システムの導入(マニュフェスト大賞ノミネート)
■他自治体にない生活環境保全・国際交流双方を勘案した民泊条例
■若者の地域活動参画を促す電子掲示板のローカルSNS「マチマチ」導入
■中野の歴史から持ち始める郷土愛を育む教育の提唱
■樹木管理システム作成(樹齢などのデータベース)
■中野区初の野球ひじ健診の実施(継続予定)
■富士高アメフト部による地元小学校対象のフラッグフットボール教室開催
■中野区内初のドローン飛行実験実施

 

(議会でとりあげた質問)
・待機児童対策
・地域包括ケアシステム(地域・医療・介護)
・新・区役所整備基本構想
・平和の森公園および新・中野体育館
・地球温暖化の実態
・インターネット環境
・マイナンバー制度
・熊本地震を教訓とした災害対策の在り方
・一般社団法人中野区産業振興推進機構(ICTCO)の運営方針
・組織の在り方
・防犯カメラによる安全・安心まちづくり
・人権擁護施策(ダイバーシティマネジメント、LGBT)
・ユニバーサルデザイン
・少子高齢化を勘案した持続可能な財政運営
・サンプラザ・区役所再開発
・区民との対話のあり方
・官民データ活用推進
・スポーツ推進
・人事評価
・UNSDGs
・パラレルキャリア(副業)の推進
・国家戦略特別区域法
・放置自転車対策
・イノベーションが創造しやすい環境づくり
・防災・減災
・契約・発注
・予算

会派で役なしの中では、私が圧倒的な質問をしてきました。
第22期中野区議会 質問時間まとめ