政策


税金の無駄づかいをなくし、行政の最適で健全な経営へ向けての施策立案、一議員として行政へのチェック機能の役割を果たすことは当たり前です。
そこで、これまでの人生経験を生かした加藤たくましかできない3大政策を挙げます。(2017年4月1日現在)

1.イノベーションで政治の諸課題を解決する!

国家戦略特別区域制度を活用することでイノベーションを巻き起こす。
この制度は国の法律の緩和・変更できる強力な法律である。
常識にとらわれない新たな技術革新に促すため、規制緩和を進めていく。
イノベーションにより、政争が解決した事例はたくさんある。

2.科学的知見に基づいた正しい選択がなされる社会を実現する!

感覚ではなく、科学的根拠を持った正論で政策を語るべきである。
原発事故による放射線量、築地・豊洲の土壌・地下水の環境基準しかり、ともすれば世論はゼロリスクを求めがちである。
しかしゼロリスクは健康的に不要、費用的に不可能であったりする。
科学技術をもって、さらに適切な基準・判断を作っていくべきである。

3.若者が地域のために協同し、ワクワクする社会を創造する!

地域に眠る若者を中心とした人的資源の発掘を行い、地域力を向上させる。
若者が集まり、語り合える仕組みを作り、地元の仲間の絆をより深めていく。
そして地域の次の担い手となり、持続可能な地域活動・自治体としての骨格作りのさらなる推進をする。
人づくりは国づくり!