研究実績


論文

査読あり

手計 太一, 道谷 健太郎, 加藤 拓磨:タイ北部ナン川上流域における流況変化, 水文・水資源学会誌, 31巻1号, p.17-24, 2018.
加藤拓磨・板垣修・服部敦・深見和彦・鳥居謙一・藤田光一:近隣の中高層建物の分布を考慮した大規模氾濫時の人的被害マクロ試算手法の開発, 河川技術論文集, Vol.20, pp.403-408, 2014.
服部 敦・板垣 修・土屋修一・加藤拓磨・藤田光一:気候変化の治水施策への影響に関する全国マクロ評価, 河川技術論文集, Vol.18, pp.481-486, 2012.
■Takuma Kato, Masato Okabe, Tadashi Yamada:Fundamental Observation to Clarify the Mechanism of Urban Heat Environment and the Heavy Rainfall in Urban Areas, Journal of hydrologic engineering / American Society of Civil Engineers, Journal of Hydrologic Engineering, 2011.
大野修平・岩本進太郎・加藤拓磨・山田正・井上智夫:都市部における河川周辺の気温特性と熱環境緩和効果, 土木学会水工学論文集, Vol.55, pp.343-348, 2011.
■大野修平・加藤拓磨・山田正:都市部における中小河川周辺の熱環境~目黒川を事例として~, 中央大学理工学研究所論文集, 第15号, pp.11-18, 2009.
加藤拓磨・小田村康幸・山田正:河川からの風が都市の熱環境に与える緩和効果, 水工学論文集, 第53巻, pp.295-300, 2009.
加藤拓磨・中根和郎・山田正:小規模水面における水の蒸発メカニズムに関する基礎的実験,土木学会水工学論文集, Vol.53, pp.343-348, 2009.
加藤拓磨・手計太一・土屋修一・山田正:打ち水による熱環境緩和作用, 土木学会水工学論文集, Vol.52, pp.277-282, 2008.
■加藤拓磨・山田正・日野幹雄:都市内緑地とその周辺における気温と湿度の空間構造, 中央大学理工学研究所論文集, 第12号, pp.63-71, 2006.
加藤拓磨・手計太一・山田正・日野幹雄:都市内緑地とその周辺における気温と湿度の鉛直・水平構造特性, 土木学会水工学論文集, Vol.50, pp.505-510, 2006.
土屋修一・加藤拓磨・手計太一・山田正:打ち水による市街地の熱環境緩和効果, 土木学会水工学論文集, Vol.49, pp.367-372, 2005.

査読なし

加藤拓磨:初めて流量観測を行うにあたっての注意点~私的経験の備忘録~, 河川流量観測の新時代, 第1巻, 水文・水資源学会研究グループ「河川流量観測高精度化研究会」, 88-93, 2010.
■岩本進太郎・大野修平・加藤拓磨・山田正:都市河川周辺地域における熱環境に関する研究,第64回土木学会年次講演会講演概要集,CD-ROM(Ⅱ-287),2010.
■大野修平・加藤拓磨・山田正:都市部における中小河川周辺の気温特性,第64回土木学会年次講演会講演概要集,CD-ROM(Ⅱ-289),2010.
■加藤拓磨・山田正:日照時間・全天日射量の経年変化に関する一考察,第64回土木学会年次講演会講演概要集,CD-ROM(Ⅱ-311),2010.
■大野修平・小田村康幸・山田正・加藤拓磨:気温計測における移動観測の制度に関する研究,第36回土木学会関東支部技術研究発表会講演概要集,CD-ROM(Ⅱ‐29),2009.
■荒川貴志・加藤拓磨・山田正:集中豪雨時における線状降水帯に関する研究,第36回土木学会関東支部技術研究発表会講演概要集,CD-ROM(Ⅱ‐9),2009.
■山角康樹・川村理史・山田正・加藤拓磨,岡部真人:河川水辺の国勢調査から得られる魚類の生息特性,第36回土木学会関東支部技術研究発表会講演概要集,CD-ROM(Ⅱ‐72),2009.
■山角康樹・岡部真人・加藤拓磨・山田正:都市河川感潮域における降雨時の溶存酸素濃度に関する現地観測,第64回土木学会年次学術講演会講演概要集,CD-ROM(Ⅱ-223),2009.
■大野修平・加藤拓磨・山田正:都市部における河川周辺の気温特性,第64回土木学会年次講演会講演概要集,CD-ROM(Ⅱ-215),2009.
■小田村康幸・加藤拓磨・前村良雄・木内豪・山田正:河川の大気冷却効果に関する研究,第63回土木学会年次講演会講演概要集,CD-ROM(Ⅱ-47),2008.
■小田村康幸・加藤拓磨・伊藤将文・前村良雄・木内豪・山田正:河川の熱環境緩和効果と風速の関係,水文・水資源学会2008年度研究発表会要旨集,pp.292-293,2008.
■小田村康幸・加藤拓磨・山田正:凝結過程における気象因子の鉛直構造,第35回関東支部技術研究発表会講演概要集,CD-ROM(Ⅱ-051),2008.
■佐藤航・加藤拓磨・山田正:大規模河川からの風が市街地の熱環境に与える効果,第35回関東支部技術研究発表会講演概要集,CD-ROM(Ⅱ-093),2008.
■小田村康幸・笹尾将登・加藤拓磨・土屋修一・山田正:雲生成時に空間変化する雲粒の粒子数濃度,第62回土木学会年次学術講演会講演概要集, CD-ROM(Ⅱ-010),2007.
■加藤拓磨・土屋修一・渡辺睦人・蛯原雅之・前村良雄・森久保司・山田正:大規模河川が都市熱環境に与える効果,第62回土木学会年次学術講演会講演概要集, CD-ROM(Ⅱ-086),2007.
■加藤拓磨・土屋修一・山田正:河川が周辺熱環境に与える影響,第34回関東支部技術研究発表会講演概要集,CD-ROM(Ⅱ-038),2007.
■加藤拓磨・土屋修一・山内格・江花亮・山田正:水辺が都市の熱環境に与える影響,環境技術,第35巻,pp.35-40,2006.
■笹尾将登・土屋修一・加藤拓磨・山田正:大規模河川周辺部における都市熱環境の緩和効果,第61回土木学会年次学術講演会講演概要集,CD-ROM(Ⅱ-057),2006.
■山内格・加藤拓磨・土屋修一・山田正:打ち水熱環境緩和メカニズムに関する研究,第61回土木学会年次学術講演会講演概要集, CD-ROM(Ⅱ-058),2006.
■加藤拓磨・山田正・日野幹雄:小スケールの蒸発に関する基礎的実験,第61回土木学会年次学術講演会講演概要集, CD-ROM(Ⅱ-060),2006.
■手計太一,平野文昭,加藤拓磨,山田正:パン蒸発計蒸発量に与える気候因子の影響に関する一考察,水文・水資源学会2006年度研究発表会要旨集,CD-ROM(7),2006.
■加藤拓磨・手計太一・山田正・日野幹雄:一様水面の蒸発に関する基礎的実験,第33回関東支部技術研究発表会講演概要集,CD-ROM(Ⅱ-1-37),2006.
■長屋静子・平田恵理・加藤拓磨・山田正・島谷幸宏:江戸川の風景の特質と変遷に関する研究,第2回景観・デザイン研究発表会,D部門(ポスターセッションのみ),2006.
■加藤拓磨・土屋修一・手計太一・山田正:打ち水の都市熱環境緩和作用に関する研究,第60回土木学会年次学術講演会講演概要集,2-009,2005.
加藤拓磨・土屋修一・手計太一・山田正:打ち水が都市熱環境へ及ぼす影響に関する研究,第32回関東支部技術研究発表会講演概要集,Ⅱ-36,2005.
加藤拓磨・二木崇・手計太一・山田正・日野幹雄:都市内緑地における葉温の挙動と理論的検討,第59回土木学会年次学術講演会講演概要集,Ⅱ-10,2004.
加藤拓磨・手計太一・山田正・日野幹雄:都市内緑地における気温と湿度の鉛直分布に果たす植生効果の研究,水文・水資源学会2004年研究発表会要旨集,pp.196-197,2004.
加藤拓磨・手計太一・山田正・日野幹雄:林内における熱収支・微気象の理論計算,第17回数値流体力学シンポジウム,E1-4,2003.
加藤拓磨・手計太一・山田正・日野幹雄:樹林における熱収支及び微気象の多層モデルの効果的な解析法に関する研究,第58回土木学会年次学術講演会講演概要集,Ⅱ-49,2003.
二木崇・加藤拓磨・手計太一・山田正・日野幹雄:樹林環境の微気候因子間の関係に関する研究,水文・水資源学会2003年研究発表会要旨集,pp.196-197,2003.
加藤拓磨・二木崇・手計太一・山田正・日野幹雄:樹形(LAD分布)が林内環境・熱収支及び微気象に与える影響に関する研究,水文・水資源学会2003年研究発表会要旨集,pp.64-65,2003.

国際会議

T.KATO,Y.ODAMURA,T.YAMADA:Space Variance of Meteorological Factor in Condensation Process using Artificial Cloud Experiment System,4th Conference of APHW,CD-ROM(S4_11),2008.
T.KATO,Y.ODAMURA,T.YAMADA:Urban Thermal Environment Mitigation Effect of Evaporation Heat in Tokyo, Japan,4th Conference of APHW,CD-ROM(S3_12),2008.
TAKASHI.ARAKAWA,TAKUMA.KATO,TADASHI.YAMADA:Characteristics of heavy rain around the Tokyo area,The 4th Asia Pacific Association of Hydrology and Water Resources Conference in Beijing,CD-ROM(S2_16),2008.
T.Kato,S.Tsuchiya,K.Yamauchi,R.Ebana,T.Yamada:Mitigation Effect of Water Body upon Urban Climatic Environment in Tokyo,Japan,The 3rd Asia Pacific Association of Hydrology and Water Resources Conference in Thailand,CD-ROM(ST1-01-A06-417),2006.

賞罰

第34回土木学会関東支部技術研究発表会 優秀発表者:河川が周辺熱環境に与える影響,2007.