経歴


本名

加藤 拓磨・かとう たくま・Kato Takuma

学歴

1979年
7月3日 東京都中野区生まれ
1986年
ほぜんじ幼稚園 卒園
1992年
中野区立仲町小学校 卒業
2008年 桃園第三小・桃丘小と統合→「中野区立桃花小学校(桃園第三小跡地)」新設
1995年
中野区立中野第九中学校 卒業
2012年 中央中と統合、中野第九中跡地に「中野区立中野中学校」設立
2014年 中央中跡地新校舎に中野中移転
1998年
東京都立富士高等学校 卒業
2010年 東京都立富士高等学校附属中学校 開校、中高一貫校化(中学校併設型)
2003年
中央大学理工学部土木工学科 卒業
2009年 土木工学科を都市環境学科に改名
2005年
中央大学大学院理工学研究科 土木工学専攻 博士課程前期課程 修了
(論文名:植生が都市内微気象に与える影響に関する流体力学的アプローチ-観測とモデル化-)
2010年
博士(工学、中央大学大学院)取得
(論文名:水の蒸発散能力が持つ都市熱環境緩和・抑制効果の定量的評価に関する研究)
論文(34MB)  論文発表資料(24MB)
※PDFファイルは新規ウィンドウ、タブにて開きます。

職歴(研究実績・業務実績)

2007年4月 中央大学理工学部 教育技術員(いわゆる助手と同様)
○大学教授のサポート、学生指導、環境問題・水循環等の研究
2009年12月 国土交通省 国土技術政策総合研究所 河川研究部 研究官
○ゲリラ豪雨(XRAINの開発)、防災・減災、地球温暖化による影響等の研究
2014年4月 一般財団法人国土技術研究センター 河川政策グループ 研究員
○気候変動に伴う洪水・渇水対策
2015年5月 中野区議会議員
○前期:区民委員会副委員長、区役所及び体育館整備調査特別委員会委員
○後期:建設委員会委員、少子高齢化対策調査特別委員会委員
○2018年5月より厚生委員会委員

社会活動

1998年 4月-      東京都立富士高等学校同窓会「若竹会」理事
2009年 4月-               水文・水資源学会研究グループ「河川流量観測高精度化研究会」
2011年 5月-2013年 4月 土木学会関東支部学術研究部会幹事
2011年11月       あおいちゃんを救う会(10日間で1億円の募金活動)[Facebookページ活動まとめ
2011年11月-      NPO 特定非営利活動法人日本移植支援協会 代表者の会メンバー
2015年 5月-      自由民主党中野総支部 青年部長
2015年 8月-2017年 7月 中野区国際交流協会 評議員
2015年10月-2017年 9月 中野区土地開発公社 評議員
2016年 4月-       自由民主党東京都支部連合会青年部 総務企画副委員長
2016年 7月-       東京都立富士高等学校アメリカンフットボール部「スタリオンズ」後援会長
2016年 9月-2019年12月 公益社団法人東京青年会議所
             (2017年度)中野区委員会書記幹事
             (2018年度)中野区委員会委員長
2017年 6月-       社会福祉法人中野区社会福祉協議会 理事
2017年 6月-       中野区都市計画審議会 委員
2018年 1月– 12月     わんぱく相撲中野区大会 大会副委員長
2018年 7月       中央大学理工学研究所 客員研究員
※外部サイトへのリンクが有ります。リンク先は新規ウィンドウ・タブにて開きます。

資格

博士(工学)、技術士補(修習技術者)、測量士補
TOKYO自民党政経塾(10期生)
公益財団法人中野区教育振興会 第2回中野区検定「中野区ものしり博士」

趣味

水泳、ゴルフ、フットサル、野球