令和元年中野区議会(第2回定例会)一般質問

令和元年中野区議会(第2回定例会)一般質問

令和元年6月28日(金)、中野区議会第2回定例会一般質問に登壇し、以下の内容で質疑を行いました。ご報告いたします。
報告は要約と、2ページ目以降に原稿を公開しています。

≪質疑内容≫

1.8050問題について

川崎市登戸の無差別殺傷、元事務次官の息子刺殺事件で8050問題も示唆されている。
区でも社会福祉協議会などとの連携でできるだけの対応を。
→全庁的な対応、社会福祉協議会との役割分担をしていく。

 

2.国家戦略特別区域法の活用について

気象業務法、航空法の緩和でゲリラ豪雨対応の浸水予測システム、ドローンの社会実験を。
→前向きに検討。

3.森林環境譲与税について

今年度から毎年国から2000万円以上のこの予算を基金に貯め、かつ国と東京都の小中学校整備の木質化に関わる補助金を活用して、学校再編を進めては?お金ないので。
→やります。

4.海洋プラスチックごみ問題について

区が処理するプラゴミは問題ないか?
→適正処分して問題ないです。

5.中野駅新北口駅前エリア(区役所・サンプラザ地区)再整備について

成人式以外で区民が使うことがないサンプラザホールに変わるものとして、平戸間があるアリーナの方が区民のためになるのでは。
→民設民営で作られるので、収益性が高いものになろうかと思う。